あがり症の治療

| | コメント(0) | トラックバック(0)

あがり症とは,病気ではありません。しかし,本人にとって,とても深刻な症状を引き起こす
ものがあがり症です。
このあがり症の治療にはどのようなことをすれば良いのでしょうか。

あがり症の治療には,特別なことはありません。あがり症は病気ではないので,あがり症の治療
として,必ずこれをしたから治る!ということは残念ながらないといわれています。
しかし,あがり症の治療として,「あがり症が出るような状況に慣れる」訓練をすることは
非常にあがり症の治療として有効なことだとされています。

あがり症の治療をする上で大切だと言われることは,まず自分が本当にあがり症であるか
どうかを知ることです。
なかには,自分があがり症であると思いこんでいるために,余計にあがり症の症状が出てしまう
場合があるのです。
このように,あがり症の治療をする前には,自分のあがり症の原因をまずきちんと知ることが
大切です。

また,あがり症の治療としてあがり症の薬を処方してもらうことも良いでしょう。
あがり症の治療といっても,あがり症は心理的なものが要因なので,あがり症の薬も,
精神的に落ち着かせる効果のある薬が,あがり症の薬として処方されるようです。
しかし,あがり症の薬を服用することにより,あがり症の症状が出やすい場面に慣れる,
ということも,あがり症の治療として良いでしょう。

その他にできるあがり症の治療としては,とにかく「慣れる」ことです。
人と話す際にあがり症の症状が出る人であれば,「人と話すことに慣れるようにすること」が
あがり症の治療として有効です。
人前で演奏やスピーチなどをするときに,あがり症の症状が出る様であれば,できるだけ
そのときのような場面を再現して,何度もその場面にいる自分に慣れることがあがり症の治療
としては良いでしょう。

あがり症の治療として確固とした規則などはありません。
しかし,あがり症の治療の際に大切な事は,「訓練する」「慣れる」などということを
念頭に,いろいろな状況に対応できるようにすることでしょう。

また,本当にあがり症で困っている場合には,催眠両方というあがり症の治療も
あるようです。
あがり症が心理的な要因が原因で起こる症状のため,このような催眠両方も効果的
だということです。
例えば,自分はあがり症だと思い込んでいる人などに,特に良いのではないでしょうか。
あがり症は,訓練次第で必ず克服できることを信じて,あがり症の治療にのぞむことが
たいせつです。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: あがり症の治療

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.itosui.com/mtos415/mt-tb.cgi/2719

コメントする



このブログ記事について

このページは、 itosuiが2007年12月31日 23:04 に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「あがり症の薬」です。

最近のコンテンツはインデックスページ で見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページ で見られます。